13通目 No.13 あなたを極めろ。あなたあなた。あなただから!

こんばんは、すのうです。

 

さきほど、ふとしたきっかけで
昔自分が書いた記事を読んでたんですが、

まあ割とクレイジーでした..(笑)

 

正直、自分でも「なんだこの人??」みたいに思ったんですが、
なんかちょっと、テンションが変すぎてなんか笑えました。

 

▼ちなみにいうと、この記事とかです。

「若者パワーもらいたい!」「元気出したい!」
って方は、多分元気出るので、
よかったら読んでみてください。(プチお下品注意です)

 

それでは、今日も成長していきましょう。

♦︎—————————————————♦︎
 前回までのまとめ
♦︎—————————————————♦︎

今回も、いつも通り前回のまとめから入っていきます。

前回のメールでまず第一に伝えたかったこととは、

僕らの最終ゴールは
「”DRM”によって”自動で稼ぐ仕組み”」

を作ることなんだよっていうのを、思い出そう!
ということでしたね。

 

そして、安定の概念が崩れ去ってしまった2020年以降は
「極限まで他の人、もの、システムに依存しない長期繁栄型ビジネス」

を作る重要性がさらに高まっていくということでした。

 

さらにさらに、
僕らがやっていくべき具体的ステップというのが、

①自力で稼ぐ脳味噌を作るために、
自分の成長に投資して勉強し続けること

②情報発信力に磨きをかけ、自分のファンを作っていくこと

③自動で価値提供ができ、ものが売れる仕組みを作ること

 

この3つということでしたね。

 

で、結局、最終的には「自分のファンを作る」
という意識さえあれば、なんとかなるんですと。笑

 

これは、自分が好きな
アーティスト、有名人、スポーツ選手とかのSNSとかブログが、

「いつも読んでたのに消えちゃった!」
ってなっても、また必死こいて探しちゃう現象と一緒ということで、

僕らの理想としては、そう思ってもらえるくらい
お客さんのことを考えた発信をして、
ファンになってもらおうってことでしたね!

 

前回のメールに関しても、
「もう流石に覚えました!」という声から、

「すっかり忘れてました!」という声まで、
いろんなお声をいただいていました。

 

前回の内容ももちろん大事ですが、

【【【僕らの最終ゴールは「”DRM”によって”自動で稼ぐ仕組み作り”」】】】

 

本当に、本当〜に、本〜当にこの考え方は大切なので、
何度も何度も何度も復習して、

自分の血と肉とDNAまで刻み込んでいきましょう!

 

また、前回の宿題に関しても、
▼以下二つのサイトに登録しちゃいましょうということでしたが、、

・「物販アフィリエイト」の最大手「A8.net」

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BBBEN+BB8IK2+0K+ZUQ1V

・「情報アフィリエイト」の最大手「infotop」

https://www.infotop.jp/two.php?pid=385617

こちらについても、
安定の行動力で「登録してました!」
のオンパレードをいただいており、大変感激です。

 

一方、まだ登録できてないよって方も、
できてない宿題がある!という方も、

それぞれいろいろなご報告をいただいていました。

 

ですが、
やらなきゃやらなきゃ!
みたいに焦らなくても、大丈夫です。

 

このメルマガ講座の第一章の終わりはそこまで来ていますので、
なんとか踏ん張ってついてきてみてください!

それでは今回は
「発信をさらに面白く、読んでもらいやすくする方法」について解説していきますね。

「発信がイマイチつまらない..」

「誰にも読んでもらえない..」

というお声もいくつかいただいていましたが、
そんな方は必見ですよ!

 

♦︎—————————————————♦︎
 AIに仕事を奪われる!
♦︎—————————————————♦︎

「AIに仕事を奪われる!」

って聞いたことありませんか?

これは、2012年あたりに「AIが進化した!」
みたいなことで騒がれてから言われるようになっていました。

僕が中学生になってた2014年あたりには、
「これから」を考える時間とかで、
特にそういった「AIに仕事を奪われる!」みたいなことが言われていました。

 

そのときはまだ僕自身も、
「ヤベエナ٩( ᐛ )و」
とは思いつつ、

いまいち現実味のない話だと思っていました。

 

ですが、高校生になってから、
ある時、久々にユニクロに行ったんですが、
そこでの驚きが、僕の価値観を変えたと思います。

 

驚きました、ユニクロのあのレジは…。

 

何が驚いたかというと、

商品をカゴに入れて、指定のスペースにカゴ置いたら、
勝手に計算してくれるんです。

バーコードを「ピッ」してもいないのに..!

 

どうやら商品のどこかに小さなチップが埋め込まれているようで、
それをセンサーで感知する、みたいなシステムらしいんですが、

「ピッ」に慣れていた僕の価値観はあれで崩壊しました。。

それと同時に、

「AIに仕事を奪われる!」
この時代がついに幕開けしたようだな..フッ..ククク..

と思いました..。

 

それで、このお話が僕らの
「情報発信」となんの繋がりがあるのって話なんですが、

端的にお伝えすると、

 

「誰にでもできる」の価値はどんどん落ちていってしまうよということです。

 

 

インターネットができた頃は
「〜まとめ!」「〜選!」
みたいな記事でも価値を感じてくれる人はいましたが、

今の時代、AIに関することだけでなく、
「発信者」も増えてきています。

だから、「単なる知識のみ」
だったらそこらじゅうに溢れかえっているんですね。

 

そこらじゅうに溢れかえっているということは..
相対的に、その価値はおちざるを得ないわけです。

 

いろんな発信をしている方を見ていても、
「知識そのもの」はすごく良いけど、
うまくいっていない..みたいなケースは結構多いです。

 

じゃあ、無理じゃん。。。

と方を落とすのはまだ早いです(笑)

 

それじゃあ、そんな現状の中、
ここからどうすればいいのか…?

今、ここでお伝えしちゃいます。

 

で、それはまず大まかにいうと、

 

あなたの発信を「その他大勢」ではなく、
「オンリーワン」に感じてもらうこと

 

です。

Someoneのオンリーワンになる!ですね(お気に入り)

そして、これだとちょっとフワフワしてるので、
次の項目でもっと具体的に解説していきます。

 

♦︎—————————————————♦︎
 これからの時代にマッチした発信とは
♦︎—————————————————♦︎

 

あなたの発信を「その他大勢」ではなく、
「オンリーワン」に感じてもらう。

これはどうするべさ..ということなんですが、
まず単純に、
「AI」と「人間」
「その他大勢」と「オンリーワン」

この違いってなんだろう?
ということから考えなくてはいけません。

 

なぜなら価値というのは、
「違い」から生まれるからですね!

 

で、「AI」と「人間」
「その他大勢」と「オンリーワン」

この違いは何かって話なんですが、
それは、

 

「思考」「想い・理念」「感情の動き」です。

 

これらをひっくるめて一言で表すと、
「この人の視点って面白い!」って思ってもらうということですね。

 

 

やっぱり「面白い」は本当に大事です。

理由はシンプルで、
人って基本的に面白いもの、ことしかやりたがらないからです。

僕もそうだし、多分これを読んでいる皆さんもそうだと思います。

 

と、いうことはです。

 

僕ら情報発信者がすべきことは

「勉強して得た知識を、
いかに面白く工夫して伝えられるか」

を自分で試行錯誤していくこと、勉強していくこと

 

ここに尽きます。

 

音楽とか映画も、商品本編そのものより、
特典に価値を感じてもらって購入してもらう
という流れがありますが、イメージとしてはそんな感じです。

 

知識(商品)に、特典(あなたの視点)を付加価値としてつける、ということ。

 

これが「”誰にでもできる”の価値はどんどん落ちていく時代」
の発信戦略となります。

 

♦︎—————————————————♦︎
 まとめ
♦︎—————————————————♦︎

それでは、今日のまとめに入っていきます。

まず、情報発信の参入者やAIの進化が増えてきた今、
「知識そのもの」だけの価値は落ちてきているということ。

 

じゃあどうすればいいかというのが、
あなたの発信を「その他大勢」ではなく、
「オンリーワン」に感じてもらうんでしたね。
(Someoneのオンリーワン!)

 

そして、「AI」と「人間」
「その他大勢」と「オンリーワン」

この違いは何かっていうのが
「思考」「想い・理念」「感情の動き」であり、

これらをひっくるめて一言で表したのが
「この人の視点って面白い!」って思ってもらうということでした。

 

最後に、僕ら情報発信者がすべきことは

「勉強して得た知識を、
いかに面白く工夫して伝えられるか」

を自分で試行錯誤していくことと、それを勉強していくことでしたね。


(知識(商品)に、特典(あなたの視点)を付加価値としてつけるイメージで!)

 

まとめは以上になります。
いかがだったでしょうか。

 

今回の内容で伝えたかったことは一つで、
「勉強して脳みそ鍛えていきましょう!」
これだけです。

勉強なしに何かで成果を出せる人というのは、
ごくごく一部の天才だけ。

だから僕らがすべきことというのは、
そういう天才たちが築き上げてきた
アイデアや手法を、お客さんにわかりやすくお伝えする架け橋の役割を担うことです。

 

僕らもぜひ、たくさん学び実践して、
Someoneのオンリーワンになっていきましょう!

 

★今日の宿題

それでは、今日の宿題です。

今日の宿題は、
「ブログのプロフィール」を書いてみましょう!

Someoneのオンリーワンになるには、
「あなたがなぜ発信をしているのか?」
というのが非常に重要になってきます。

 

人は情報そのものよりも、
無意識にその「背景」を察して、情報を取捨選択しているんですね。

だからこそ、その背景を強めるタメに必要な重要要素が
「プロフィールページ」というわけです。

ここは多少の時間をかけてもいいので、
じっくり練ってみてください。

 

参考までに、

 

僕のプロフィールを載せておきますね。

 

とりあえずはこんな感じで真似して作ってみてください。

 

コツとしては、
「自分の弱み」
「誰にも言いたくない失敗」
「過去最大のやらかしエピソード」
「あまり明かしたくないコンプレックス」

などを、「楽しんで書いてみる」ことですね!

重々しい雰囲気で描いてしまうと、
提供できる価値というのはどうしても減ってきてしまうので、
そこだけはご注意ください。

 

では、次回はいよいよこのメルマガ講座第一章の最終回になります。

「たとえ情報発信をしている時間が短くても
情報濃度をギュッと凝縮させる、成功者の考え方」

をお伝えしていこうかなと思います。

 

ではでは、次回もお楽しみに!
お気軽にご報告や感想、質問なども送ってみてくださいね。