すのう成長記

脳みそコマの回転数を高めて発信力を鍛えよう。消化不良はバンザイ!

 

すのうです。

 

最近、オンライン上であちらこちらへと勉強をしにいってみているんですが、
「ちょっと消化不良を起こしているな・追い付けていないな」

と感じていました。

今日はこの「消化不良」というキーワードについて気づいたことがあったので、
軽く解説していこうかなと思います。

 

今回は、

・いろいろ勉強しているけど消化不良になっちゃってる!
・最近あんまり勉強できてないな
・最近成長が止まってる気がするぜ!
・最近なんだかイマイチだぜ!

って方には特に役立てるはずです!

 

教材のボリュームが多く感じて挫折しないために

 

ネットビジネスの教材とかって
1日おきとかにメールがきて、
たまに動画とか音声コンテンツが来る、

みたいな感じのものが多いです。

 

そういう教材であるあるなのが、
「ボリュームがすご過ぎてついていけない!!」
というもの。

 

例えばですが、
「メールが3通くらい読めていないのがある、、!!」
となったとき、

「3通も読むのか、、」
と憂鬱になって挫折しちゃう、みたいな。

これが情報の消化不良ですね。

(逆に「内容薄過ぎて詐欺!!」というのもありますが苦笑)

 

ちなみに、そういう時は
最新で届いているコンテンツから一つづつ消化していくのがおすすめです。

勉強する目的はコンテンツを消化することではなくて、
それを通して成長することですからね!

 

消化不良になるくらいの情報に囲まれているのはとても良いこと!

 

そして、あんまりそういうのに馴染みがない方は
本でも仕事の勉強でもDVD学習でもなんでもそうなんですが、

何かしらを勉強する時を思い浮かべてみてください。

 

実は、何かを勉強する時は基本的に、

「消化不良だ!!!」

って具合の方がちょうどよかったりするんだそうです。

 

これ最初に聞いた時僕は、
「しっかり自分に落とし込んで
実践してこその勉強じゃないか。なんでだ??」

と思いました。

 

で、それがなんでかっていうと、その理由の一つとしては
「回転数」が上がるからなんだそうです。

 

脳みそコマの回転数をあげろ!

 

ここで、
回転数??と思われる方が大半だと思いますが
わかりやすい例がコマです。

 

コマの回転が速いと、、?

グルグル回ってるコマをイメージしていただければわかると思うんですが、

コマって回転数が多ければ多いほど、
速さが早ければ早いほど安定しますよね。

 

それと僕らの脳みそも同じで、
「消化不良じゃ!!!」ってくらい
新しい知識を仕入れ続けることで、

廃れることなく、いつまでもわかわかしく(?)
いられるかはわかりませんが、

脳に負荷がかかり続ける(回転数が上がる)ので、
成長し続けることができます。

コマの回転が遅いと、、?

 

では、これがコマの回転数が少なかったらどうでしょうか。

情報の消化不良がうんぬんの例で言うなら、

自分の身の丈に合った知識を仕入れるとか、
たまに勉強する程度の負荷みたいな感じです。

 

これがコマだと、コマの回転数が少ないほど
だんだんヨレヨレグラグラと不安定になっていき、

最終的には「コテン。」と止まってしまうはずです。

これが、成長が止まった状態ですね。

 

消化不良な毎日でいいのだ

僕ら情報発信者は、
つねに価値提供=新しい視点の提供
をしていかなくてはなりません。

そのためには、
コマの回転数を下げずに勉強し続ける、すなわち、

毎日が消化不良だ!!

といえるくらいの毎日を過ごすのが、理想の情報発信者なのかなと思います。

(おサボりで勉強すべきことを溜めてしまい
消化不良を起こすのはダメですが)

 

反対に、自分の発信を受け取ってる相手にも
圧倒的な情報のシャワーを浴びせてあげて、

適度な消化不良を起こさせてあげる発信というのも
理想なのかななんて思いました。

 

今日はそんな感じです。

では!

根暗コミュ障で本当どうしようもなかった僕が、少しづつ変われた「情報発信」ゼロイチから学んでみませんか。

 

「コミュ障・根暗・対人恐怖症」だった大学生が
なぜ月収100万円の不労所得を構築できるのか?

表では話せないここだけだからこそお話しできる成功法則を
すのうのメルマガにて、今だけ無料で配信させていただいています。

 

「本当に今のままでいいのか?」
「自分にしかできないことがあるんじゃないか?」
「自分らしさを発揮して何かに取り組んでみたい!」
「世間の常識に疑いを持っているけど、周りには言えない、、」

なんて方は、良かったら読んでみてくださいね。
(「あなたの常識を、ぶっ壊す!」でいきますよ!)

 

それでは、一緒にまだ見ぬ成功の世界を目指していきましょう!

▼月収600万円の起業家から学んだ”月収100万円の不労所得を構築する方法”を学べるメルマガ