すのう成長記

メルマガやTwitterで有名人に取り上げられる感想を書くために意識すべき2つのこと

すのうです。

 

今回は、メルマガやTwitterで有名人に取り上げられる感想を書くために意識すべき2つのこと

 

ということで、これについて最近リサーチしてたらわかったことがあったので、
その結果をお伝えしていきます。

 

昔の僕は、「感想を書く!」というと、

自分の好き勝手に書きまくって
結局何が言いたいのかわからない文章になるということが多かったです。

 

そうなってくると必然的に、
「なんだコイツ」と読み手からの印象は悪くなってしまうか、

もしくは「無」すなわち、

印象にすら残らないなんてことにもなり得ます
(これは一番やっちゃダメなやつですね」)

 

そうならないために、
読み手から「お?こいつはちょっと違うぞ?」
と名前を覚えてもらう感想の書き方はなんなのか?

を知るために、いろんなところから
質の高い感想をいくつも分析してきたので、
よかったらよんでいってくださいね。

それではいきましょう!

 

より良い感想書きを目指して!

 

最近、オンライン上でいろんな企画が行われているので、
僕もひょこっと顔を出しにいったりしていて、

その際、誰かのコンテンツやセミナーに対して
感想メールや感想メッセージを書く機会が増えていました。

 

▼この記事にもそんなことを書いてました
【行動力増強システム!】学んで満足して、現実が全く変わらない病対策

書いてた感想とかの一部は、こんな感じです。

(これの引用元ツイートの新田さん、小田さんは
ネットビジネスを学んでいくのにとても良き情報を提供してくださってる方々です!

詳しくはまたどこかで書きますね)

 

初メルマガ読者さんにラブコールしてた話

 

さてさて、皆さんも社会の中で生きていれば、
何かしらで感想や自分の意見を言う機会があると思いますが、

 

皆さんはそういうの、得意でしょうか??

 

僕は、昔はそれほど好きでもないなぁ(むしろめんどくさいなぁ)
と思っていたんですが、

ネットビジネスを知ってからは、
自分の意見を感想として伝えるのが割と好きになれました。

 

というのも、学校とかで書いてた
「運動会の感想!音楽会の感想!」

とかだと、先生とか親にしか読まれないし、
教室の壁とかに貼られるだけなんですよね。

それだとあんまり書く気にもなれません。

 

が、ネットの世界、
特にメルマガやツイッターなんかは
不特定多数へ、強制的に自分の感想やコンテンツをみてもらうことが可能です。

(Not readがうんちゃらは一旦置いておきましょう!笑)

 

そんな風に、「誰かが読んでる・誰かしらは読んでくれてる」っていう
明確な相手がいると、
なんだかモチベーションも上がってくるんですよね。

 

僕自身も、メルマガはじめたてのとき、
はじめて読者さんが登録してくれた時はもう、

すごーく嬉しかったので、
毎日ラブコールしてました。笑

 

というのはさておき、、

メルマガやTwitterで有名人に取り上げられる感想を書くために意識すべき2つのこと

 

今日のお伝えしたいことは、
メルマガやTwitterで有名人に取り上げられる感想を書くために意識すべき2つのこと

です。

 

冒頭にて、最近感想メッセージなどを書く機会が増えたみたいなことを
書かせていただきましたが、

 

そんな近況の中で、どうせならいいものを書きたいなと思ったので、

「一体どうしたら良い感想が書けるだろう?」

と僕は考えていました。

 

そこで、今参加しているビジネスの企画や
SNS上での企画などで目立っている人をこっそりリサーチしてみました。

そして今、この記事を書いているに至ります。

 

「メルマガでよく取り上げられる感想メールだったり、
有名人にRTされているツイートはどんな内容なのか?」

というのは、純粋に気になりますよね。

 

 

そして、リサーチの結果、

 

そこで分かったのは、、

 

感想書く力とビジネスセンスは直結している

 

とその前に、、

メルマガで自分の書いた感想が紹介されるとか
有名人にRTされるとか、

発信者本人がそういうことしたくなるコンテンツって言うのは、端的に言えば、
「その人から(特に)求められているもの」ということですよね。

(だからってそれ以外のものが求められてないわけではないですが!)

 

「求められるものを提供する!」
というのはビジネスセンスに直結しているので、

もちろん「感想を書く」というのも、
ビジネスと大いに関係があります。

それを踏まえた上で、以下の内容を読んでみてくださいね!

 

結論はこの二つ

 

さて、また脱線してしまいましたが、

「よくメールで取り上げられたり、RTされている人の感想はどんな内容なんだろう?」

というのを分析して気づいた共通点、

 

それは、、

①自分の人生ストーリーと相手のコンテンツなどの内容をつなげた学びを提供すること

②相手のコンテンツのテーマに合わせること

です。

以下、ちょっとだけ解説していきます。

①自分の人生ストーリーと相手のコンテンツなどの内容をつなげた学びを提供すること

これは、

・内容をメモして「これがためになりました!」だけいう人

と、

・「なるほど!その内容のこの部分は自分のこういう体験があって〜」

 

という人だったら、後者の方が面白そうですし、

発信者の立場としても、そっちの方が興味を持ちそうですよね。

(どちらが悪いとかではなく)

 

まず一つ、目立っている人の発信を見て、これに気づきました。

②相手のコンテンツのテーマに合わせること

 

そして次にこの「テーマに合わせる」というのは、

これに関してはメールマガジンとかの返信を
例に出した方がわかりやすいと思うので、

ちょっと想像してみてください。

 

あなたが「即行動が大事です!」
という内容のメルマガを送ったら、、
(もしくはツイートして返ってきたリプが、、)

 

・A太郎さん「なるほど!僕は最近感謝が大事だと思いました!」

・ボブさん
「即行動が大事なんですね!早速このメルマガに即行動マインドで返信してみましたが、清々しいですね!
以前も部活で即行動って言われてたことがあって..(続く)」

 

とかだったら、後者(ボブ)の返信は、
僕だったら思わず取り上げたくなっちゃいます。

 

この例はあからさまですが、

でもこれ、書いてるうちにいつのまにか関係ない話になってたとか、
僕も昔はやっちゃってたので注意です。苦笑

 

自分の書きたいことはなるべく抑え
「テーマにあった自分の体験+学び」をピックアップしてみるのが吉なんですね

(もちろん、書きたいことと「相手のテーマ」が合致していれば満点です!)

 

その方がきっと、相手も嬉しいはずですし、
相手の発信を見ているみんなの学びにもなります。

それに、相手(発信元の人)にとっての学びになります(=価値提供)からね!

終わりに

結論としては、良い感想を書くためには

①自分の人生ストーリーと相手のコンテンツなどの内容をつなげた学びを提供すること

②相手のコンテンツのテーマに合わせること

が大事と言うことでした。

 

これは基本のキですが、僕自身も気が抜けるとついできなくって、
自分の書きたいことだけ書いちゃう時があるので、

ぜひぜひこの二つは返信や感想を書くときのチェックリスト的に使ってみてくださいね。

 

そうそう、最後に一番大事なことを忘れていました。

 

そういった感想を書くときに大事なマインドとしては、
「いいことかいてやる!認められてやる!」
といった動機じゃなく、

 

「相手のため・みんなのため」と思って
貢献意識で書くことです。

本当、これだけでもかなり変わので、
ぜひ実践してみてくださいね。

 

では!

 

P.S.今日、初めてカレーに納豆かけてみたら割とおいしかったです。

(実は元・茨城県民なのでした)

 

最近は、
「微妙に余ったジャムは、無味のヨーグルトに混ぜたら味がつくじゃないか!!」とか、
一人暮らしなので、日々いろいろな試みを試しています。

どうでもいいですね。笑

 

では!

 

根暗コミュ障で本当どうしようもなかった僕が、少しづつ変われた「情報発信」ゼロイチから学んでみませんか。

 

「コミュ障・根暗・対人恐怖症」だった大学生が
なぜ月収100万円の不労所得を構築できるのか?

表では話せないここだけだからこそお話しできる成功法則を
すのうのメルマガにて、今だけ無料で配信させていただいています。

 

「本当に今のままでいいのか?」
「自分にしかできないことがあるんじゃないか?」
「自分らしさを発揮して何かに取り組んでみたい!」
「世間の常識に疑いを持っているけど、周りには言えない、、」

なんて方は、良かったら読んでみてくださいね。
(「あなたの常識を、ぶっ壊す!」でいきますよ!)

 

それでは、一緒にまだ見ぬ成功の世界を目指していきましょう!

▼月収600万円の起業家から学んだ”月収100万円の不労所得を構築する方法”を学べるメルマガ