すのう成長記

大丈夫な余裕があるなら逃げるな逃げるな逃げるな逃げるな逃げるな逃げるな逃げるな逃げるな

すのうです。

 

今日は大学にて、プログラミングの
簡単なプレゼンテーションみたいなのがありました。

まあ、大学にて、と言うよりかは、
オンラインでやったんですが(笑)

 

で、コイツがかなりのやっかいもんでして。。

 

授業で一回やっただけのプログラミング言語を使って

いきなり「自分でプログラム作って、

みんなの前でプレゼンしてね〜」

 

ときたんですよ。

 

僕は思いました。

 

これはマズい。と。

 

プログラミングと聞くと、僕は蕁麻疹がでてこなくなくないくらい、
プログラミングは苦手意識が根付いてしまっていたのです。

 

そして、

期限は一週間。

 

この一週間、僕は、
もがき、苦しみ、お菓子を食べつつ、
またもがき、苦しみ、ストレスでお赤飯を食べつつ(?)

 

ついに!!!

 

自分がやるべきプログラムを完成。。。。。

 

できませんでした。

 

だから、発表の二日前に、「できなかったらこれやってね〜」
みたいな、明らか簡単すぎて浮いてるプログラムに変更したのです。

 

、、この選択は簡単ではありませんでした。

 

まず、その前のプログラムを考えるのに膨大な時間を使っていたのです。
そこで沸き起こる、もったいない精神。

 

時間と金かけた分だけ
キャバ嬢とかスマホゲームに依存しちゃう、
みたいな心理をサンクコスト効果とか言いますが、まさにそれ。

 

ここまで頑張ったのに。。。
それを捨てる。。

グゥゥ..

グ〜(お腹減った)

 

一旦ナッツのお菓子を食べつつ、僕は葛藤しました。

 

でも、できる気がしない。

 

また作業をしましたが、
さっぱりわからない。

気づけば時刻は19:20に迫っていました。

 

(お風呂に入る時間だ..)

 

そこで僕は、踏ん切りをつけるために、
ある決意をするのです。

 

あと10分で終わらなかったら、
諦めよう。と。

 

(あと5分..)

 

(あと1分)

 

 

さっぱりわかりませんでした。

 

で、次の日簡単なプログラムを作ったんですが、
あまりにも簡単すぎてすぐに終わってしまいました。

 

で、

発表当日。

 

みんなの発表みてたんですが、
なんか難しそうな、すごいことが行われていました。

 

そんな中で、
僕はある思いを抱きます。

 

なんか、1人だけ簡単すぎて
恥ずかしいな

 

と。

 

でも、僕はそれでよかったと思うのです。

 

だってさっぱりわからなかったから。

 

 

今回の授業は、大学のTwitterをチラリと覗いてみても、
「こんなん無理」といった声多数で、

友達に聞いてみても、
「わからん」の一点張りでした。

もちろん言うまでもなく僕も同じ。

 

しかも、そのプレゼンって
成績の30%を占めてるんですね。

 

単位を得るには、総合点で60%を超えなくてはいけません。

 

ちなみに、

レポートの配点 60%
出席点 10%

です。

 

ということは、プレゼンを放棄すれば
どれだけ頑張っても70点しか取れないのにもかかわらず、
僕のレポート提出は毎回、ビミョー極まりないものでした。

 

すなわち、

プレゼンの放棄=ほぼ単位を落とすに等しいわけです。

 

だから、一瞬、
プレゼンを放棄して単位を落とすことも考えました。

 

でも、それは違うなと。

 

それは、まがいなりにも、
今までこの科目を頑張ってきた自分に失礼だろと。
(今までのレポートも、わからんなりに頑張ってたのです)

 

だから、僕は恥を捨てて
みんながわけわからんプログラムを説明していた中、
簡単なプログラムでプレゼンしました。

まあでも正直、人の発表なんて誰も聞いてないでしょうが..(笑)

 

でも、一つだけ確かなことがあります。

 

このプレゼン授業、
サボってた人は少なくとも10人以上いました。
(名前呼ばれても、反応なかった人)

 

僕と同じく、訳わからんすぎて諦めてしまったのかもしれません。

 

でも自分は、恥を捨ててでも、逃げない選択ができた。

これは、小さな出来事だけど、すごくすごく大きな自信になりました。

 

なんか自分語りみたいになってしまったけど、
すごい自信がついたので、書き殴っておきます。

それでは、読んでいただきありがとうございました。

▼▼ちなみに、以下、チョー面白いメルマガやってるので、
よかったら登録してみてください!笑

 

根暗コミュ障で本当どうしようもなかった僕が、少しづつ変われた「情報発信」ゼロイチから学んでみませんか。

 

「コミュ障・根暗・対人恐怖症」だった大学生が
なぜ月収100万円の不労所得を構築できるのか?

表では話せないここだけだからこそお話しできる成功法則を
すのうのメルマガにて、今だけ無料で配信させていただいています。

 

「本当に今のままでいいのか?」
「自分にしかできないことがあるんじゃないか?」
「自分らしさを発揮して何かに取り組んでみたい!」
「世間の常識に疑いを持っているけど、周りには言えない、、」

なんて方は、良かったら読んでみてくださいね。
(「あなたの常識を、ぶっ壊す!」でいきますよ!)

 

それでは、一緒にまだ見ぬ成功の世界を目指していきましょう!

▼月収600万円の起業家から学んだ”月収100万円の不労所得を構築する方法”を学べるメルマガ