すのう成長記

自分のために書くブログがあってもいいよねというお話

ども!すのうです。

 

ここ最近は、「誰かの役に立つコンテンツ」とは何か?
を意識してコンテンツ制作に打ち込んでいました。

僕自身も、まだまだ自分に何ができるのか、模索している最中です。

 

そんな中で、”ある迷い”が生じたことがありました。

一時期ブログの連続更新チャレンジをしていて、
無事に100日間の連続更新に成功することができたのですが、

 

Twitterなどを見ていると、

「連続更新は意味がない!」
「がむしゃらに行動しても意味がない!」
「ただ記事を増やすだけじゃ意味はない!」
「100記事更新は意味がない!」(!)

 

といった言葉を見かけ、グサリグサリと心に刺さったことがありました。

 

それらの意見を受け、もう「意味のない記事の量産」はやめよう
と思った時期もあったんですが、最近考えが変わりました。

 

「連続更新は意味がない!」
「がむしゃらに行動しても意味がない!」
「ただ記事を増やすだけじゃ意味はない!」
「100記事更新は意味がない!」(!)

 

これらの意見は、間違いではありません。
かと言って、正しいわけでもないと思うのです。

 

要は、単なる「目的」の違いでしょうか。

 

確かに、無目的に記事を量産するのはよくありません。
というか基本、無目的は生産性を大きく下げるので、よくないです。

 

ですが、自分には
「ブログを通して向き合う」
「継続できない自分を変える」

という目的がありました。
(忘れて惰性でブログ書いてたこともありましたが!)

 

なのでやっぱり、
「〜は悪い!」
「〜は良い!」

という問題なんじゃなく、「目的がなんなのか」
が重要なのだとこのプチ騒動(?)から学びました。

 

タイトルと内容が若干一致してない気がするので、
「自分のために書くブログがあってもいいよねというお話」

これについて。

 

無駄な記事の量産はするな!
収益にならないことはするな!

結論:無駄にブログ書くな!

 

という意見をみて、僕としても納得し、
そこを目指そうとしてたんですが、僕自身の結論は、

 

効率を求める方が逆に非効率

 

でした。

というのも、質の悪い記事を書いたらいけない!
とか思うと、力んで逆にクソみたいな物を作ってしまうことが多いです。

 

そうやって迷うなら、それなりに数をこなしてみて、
とりあえずそれなりのコンテンツを作って、
誰か一人の心にいつか届けば良いわけです。

 

これ、多分収益最善主義の人が聞いたら、真っ向から否定されるでしょう。

 

でも、(話は変わりますが)掃除だったり、遊びだったり、
一見非効率なことにこそ、何かそこに意味があると思うんですね。

そこを排除するというのは、少し違うんじゃないかと。
逆に、非効率なのでは?と思います。

 

だって単純に、収益のことしか考えてなかったら、
一般の人からどんどん感覚は離れていっちゃいますから。

パソコンの前にずっと座ってるヤツのブログは面白くないとか言いますよね。

 

そんな価値観の変化もあり、
「相手のため」じゃなく、
「自分の成長のため」に書くブログも、
一見、「収益を生み出す」という意味では非効率かもしれないけど、

精神衛生上、良いんじゃないかなと。
なにより、楽しいですしね。

 

とはいえ、ガンガン収益もとっていきたいので、
やるべきことは、あれこれ言わずにこなす。

そう思った最近なのでした。

 

それでは、読んでいただきありがとうございました。

根暗コミュ障で本当どうしようもなかった僕が、少しづつ変われた「情報発信」ゼロイチから学んでみませんか。

 

「コミュ障・根暗・対人恐怖症」だった大学生が
なぜ月収100万円の不労所得を構築できるのか?

表では話せないここだけだからこそお話しできる成功法則を
すのうのメルマガにて、今だけ無料で配信させていただいています。

 

「本当に今のままでいいのか?」
「自分にしかできないことがあるんじゃないか?」
「自分らしさを発揮して何かに取り組んでみたい!」
「世間の常識に疑いを持っているけど、周りには言えない、、」

なんて方は、良かったら読んでみてくださいね。
(「あなたの常識を、ぶっ壊す!」でいきますよ!)

 

それでは、一緒にまだ見ぬ成功の世界を目指していきましょう!

▼月収600万円の起業家から学んだ”月収100万円の不労所得を構築する方法”を学べるメルマガ