ブログ100日更新チャレンジ

心の中にエレンを持とう!

ども!すのうです。

みなさんは今、
自分が自由だと感じていますか。
不自由だと感じますか。

僕は昔から、
この世はなんて不自由なんだ!
生きにくい!

と、思っていました。

強制的に親に依存した生活を強要され、
義務教育という名のロボット製造に参加し、
サラリーマンの顔を見れば、
将来は真っ暗なのだと察し、、

と、子供ながらに感じていたのです。

ですがそれは、
間違いでした。

当たり前のことですが、
人それぞれ物事に対する考え方は違います。

学校の昼休みを、
なんで自由なんだろう!
と感じるか、
チェッ。こんたけかよ。かったり。
と、ねじれるかはその人次第です。

ヴィクトール・フランクルさんは、
ナチスに収容所にブチ込まれながらも、

そこで心の自由を見つけました。

例え現実が地獄のようだとしても、
自分自身が自由だと感じていれば、
自由なのだ。

と気づくことができたのですね。

拷問にさらされて、
いつ死ぬかも分からない状況でも

こんなことを言えてしまうんですから、
本当にすごいですね。

これと同様に、
エレンも、いつでも自由なんですね。

彼は、自由を手に入れるためなら、
どんな犠牲を払ってでも
手に入れようとする
でしょう。

おそらく、その自由になる過程、
自由を掴み取る自由が、

彼の中にはあります。
だから、エレンはいつでも自由なんです。

不自由だけど、自由。
不自由の中には、必ず自由があるんです。

僕は、こんな風に、
一見不自由に見える状況でも、
自由を追う人に、

何故だか惹かれてしまいます。

だって、

“自由を追う男”

、、、

、、、。
、、、、!!!

とんでもなく
カッコいいじゃないですか!

僕らもその姿勢は
見習わなくてはならないなと、、
思います!

それでは、今回も読んでいただき、
ありがとうございました!

根暗コミュ障で本当どうしようもなかった僕が、少しづつ変われた「情報発信」ゼロイチから学んでみませんか。

 

「コミュ障・根暗・対人恐怖症」だった大学生が
なぜ月収100万円の不労所得を構築できるのか?

表では話せないここだけだからこそお話しできる成功法則を
すのうのメルマガにて、今だけ無料で配信させていただいています。

 

「本当に今のままでいいのか?」
「自分にしかできないことがあるんじゃないか?」
「自分らしさを発揮して何かに取り組んでみたい!」
「世間の常識に疑いを持っているけど、周りには言えない、、」

なんて方は、良かったら読んでみてくださいね。
(「あなたの常識を、ぶっ壊す!」でいきますよ!)

 

それでは、一緒にまだ見ぬ成功の世界を目指していきましょう!

▼月収600万円の起業家から学んだ”月収100万円の不労所得を構築する方法”を学べるメルマガ