ブログ100日更新チャレンジ

子供を”使う”親。親に”使われる”子供。

ども、すのうです。

突然ですがみなさん、
“アンタ、勉強しなさいよ!”

これ、言われたことある人、挙手!!

、、全員ですね。
僕も、もれなく言われたことがあります。

その時、
皆さんはどんな反応をとるでしょうか。

イライラ?
無視?
言う通りにする?

それぞれ十人十色の
選択をとることかと思います。

それでは、
こちらはどうでしょうか?

“アンタはね、いい大学に行って、大手の会社に就職してずっと安定した生活をしt…”

これも、言われたことのある方が多いんじゃないでしょうか。

僕も、似たようなニュアンスのことを、
結構言われてきました。

でも僕は、申し訳ないけれど、
僕の親みたいな、会社にずっと雇われっぱなしな人生はまっぴらごめんなので、

(リスペクトはしています。
立派なことだと思います。
が、僕はそんな生活は耐えきれない!)

親の言うことは、
ほとんど無視してきました。

親というのは、
子供を”使って”
過去の自分に復讐するケースが多いです。

大学に行けなかったら、
子供を大学に行かせる。

モデルになれなかったから、
子供をモデルにさせる。

野球選手になれなかったら、
子供を野球選手にさせようとする。

こういうケースの、
多いことや、多いことや。

さらに、これによって
自分の人生を生きられていない子供たちの、

多いことや、多いことや。。

でも、それは間違っています。
子供は親の操り人形ではない。

子供にできる、
なによりもの親孝行は、

自分が幸せになった姿を、
名一杯見せつけること
です。

例えそれが、
親の望みと違おうが、関係ナシ。

自分のやりたいことをやり、
輝いて生きることが、

最高に自分を幸せにさせ、
最高に親も幸せにさせ、

最終的に、それは、

まわりまわって、
全世界へ影響を与えます。

あなたも世界貢献する一歩、
踏み出してみませんか。

それでは、
今回も読んでいただき、
ありがとうございました!

根暗コミュ障で本当どうしようもなかった僕が、少しづつ変われた「情報発信」ゼロイチから学んでみませんか。

 

「コミュ障・根暗・対人恐怖症」だった大学生が
なぜ月収100万円の不労所得を構築できるのか?

表では話せないここだけだからこそお話しできる成功法則を
すのうのメルマガにて、今だけ無料で配信させていただいています。

 

「本当に今のままでいいのか?」
「自分にしかできないことがあるんじゃないか?」
「自分らしさを発揮して何かに取り組んでみたい!」
「世間の常識に疑いを持っているけど、周りには言えない、、」

なんて方は、良かったら読んでみてくださいね。
(「あなたの常識を、ぶっ壊す!」でいきますよ!)

 

それでは、一緒にまだ見ぬ成功の世界を目指していきましょう!

▼月収600万円の起業家から学んだ”月収100万円の不労所得を構築する方法”を学べるメルマガ