14通目 No.14 背景魔術を使いこなせ!/”逆”価値提供の極意

 

こんばんは、すのうです。

 

最近実家に帰省したんですが、
ついさっき、一人暮らしのノリで
自分がお風呂入った後に風呂の栓を抜いてしまい。。

エ”エ”エ”?!?!?なんでよオ”オ”オ”オ”?!?!

と、母親に罵倒されてきたところです(笑)
申し訳ないですが、やっちまったもんはしょうがないですね。

それでは今日も切り替えて(?)学んでいきましょう!

♦︎—————————————————♦︎
 前回までのまとめ
♦︎—————————————————♦︎

それでは、今回も前回のまとめから入っていきます。

まず、無料で「知識そのもの」だけ手に入れられる今の時代、
「知識そのもの」の価値は落ちてきているということ。

じゃあどうすりゃええんやと言うのが、
あなたの発信を「Someoneのオンリーワン発信」
にするということでした。

そして、これらをひっくるめて一言で表したのが
「この人の視点って面白い!」って思ってもらうということでしたね。

 

あとは結局のところ、僕ら情報発信者がすべきことは

「勉強して得た知識を、
いかに面白く工夫して伝えられるか」

を自分で試行錯誤していくことと、
それを勉強していくこと、という感じでした。

 

前回のメールに関しても、
「知識だけの発信してました!気をつけます!」
「サムワンのオンリーワン目指します!」
「発信が楽しくなってきました!」

といった感想をいただいていました。
ありがとうございました。

(やっと「someoneの〜」って言葉使ってくれる人増えてきて、
ひっそり喜んでるのは秘密ですね〜)

 

さて、前回出させていただいた宿題
「プロフィールページ作成」ですが、
こちらも多くの方が作成してくれていたみたいでよかったです。

加えて、もうすでに作成していたよという方もいました。さすがですね!

数の関係上返信できるかはわからないですが、
紹介いただいたブログには必ず目を通していますので、
どしどし送っちゃってみてください!

 

それでは、今日の本題に入っていきます。

今日も予告通り、
「たとえ情報発信をしている時間が短くても
情報濃度をギュッと凝縮させる、成功者の考え方」
ということで、

「忙しくてついつい時間が取れない。。」

「中身の薄いありきたりな発信になってしまう。。」

といったご相談をくれてた方、必見です!

 

♦︎—————————————————♦︎
 「背景魔術」を使いこなせ!
♦︎—————————————————♦︎

 

「たとえ情報発信をしている時間が短くても
情報濃度をギュッと凝縮させる、成功者の考え方」

 

、、、

 

、、そんな魔法のようなことある?
と思われるかもしれませんが、あります。

その前にみんなで、
「中身の薄いありきたりな発信になってしまう。。」
といった方が、なんでそうなっちゃうんだろうか?
というのを考えてみましょう。

実はここで、多くの人は、
「内容に問題がある」と思ってしまいがち。

だし、僕も昔、自分に対して
「自分の発信がオモロないのはセンスないからや!」
と、思っていました。

 

ですが、意外とそうじゃなかったりするのです。

 

ここで、イチローと凡人のお話を思いだしてみてください。

イチローがいう「継続が大事」という言葉と、
凡人暇人がいう「継続が大事やで」という言葉では、

「背景にある莫大な背景情報」の違いが
「感化力」の違いを生み出すというものでしたよね。

 

勘のいい方はここでお気づきかと思いますが、
「発信がいまいち。。」って場合は、

「内容そのもの」でなく、
「背景情報の濃さ」に問題があるかもしれないよということを考えてみてください。

 

極端な例を出せば、
野球場でヤジばっかり飛ばしてるオジ様が、
いくら理にかなってそうなこといったって
あんまり聞きたくはないですよね。

これを情報発信に置き換えると、
「どんな人か?というのがわからない
(背景情報がわからない)人の意見は、あまり人に響かない」

ということになります。

 

だからこそ、前回は
「プロフィールページ」を練ってもらったわけです!

プロフィール、理念といった「背景情報」
を知ってもらうことができれば、

読んでもらえる確率はググッッと高まります。

 

これは本当に大事で。

 

たとえば僕は「GReeeeN」というグループの歌が好きなんですが、
その中に「空への手紙」という曲があります。

実はこの曲、最初聞いた時は
「普通だな」と思い、印象には残りませんでした。

何かCMに使われてる曲でもなく、
かといってシングル曲でもなく、
「ただのアルバムの中の一曲」でした。

 

ですがある時、「GReeeeN自伝」みたいな本を読んでいたら。。

 

ちょっと記憶は曖昧なんですが、

「娘が海外に行ってしばらくしたとき、
事故で亡くなったというのを聞いて絶望していました。
だけど、娘が好きだったGReeeeNさんにはお礼を言わせてください」

みたいな感じのお手紙というのを、
GReeeeNさんが受け取ったことが、
その曲を作ったきっかけなのだそうです。

メンバーの方々は、
その手紙を読んで涙がポロポロ止まらなかったのだとか。

僕はこの「空への手紙」という曲に流れる
「背景情報」を知った時、
ズドーン!!!!!!
と衝撃を受けたような感じになりました。

「まさかこの曲にそこまでのストーリーがあったなんて」
と、ただ驚きと、
報われていてほしいな、という思いとが沸き上がってきました。

それを聞いてからは、
明らかにその曲を聞く態度、めぐらせる想いが変わりましたね。

 

こんなふうに、「背景情報」というのは、
良くも悪くも「情報の感化力」というものを大きく左右してしまいます。

悪くも、というのは、
嘘をついても効果が..。ということです。。
(これを読んでくれてる皆さんにそんな心配はないですが!)

 

だから、より良い発信をしていくには

・「背景」となる生き方そのものをよくしていくこと
・「背景」を前提に知ってもらうこと(プロフィールなどで)
・「背景」も、情報+αで発信していくこと

といったことが必要になってくるわけですね!

 

多くの人が「内容そのもの」
に原因を見出しがちなんですが、

これを知っているだけで、
「感化力」が桁違いに上がってきますので、
ぜひぜひ意識してみてください。

それでは、メルマガ第1章の内容としてはここでになります。
ここまで全15通、目を通してくださりありがとうございました。

何度もお伝えしていることではありますが、
多くの人はそもそも
こういうメルマガ講座とかは登録しないですし、

まして「最後まで読み切る」といったことが
できる方も多いとは言えません。

さらに、「しっかりと読み込む」「実践して、報告する」
といったことをしてくれる方は、もっと限られてきます。

 

「しっかり読むのなんて当たり前だよ」
という方もいるかもしれません。

ですが、それって本当素晴らしいことなんですよってことを、
僕はお伝えしたいです。

だからこそ、ここまで読んでくださったお礼に、
すのうがこれまで受け取ってきたメールを見て気づいた

「成功しやすい方のメール返信の共通点」
というものをお伝えさせていただき、
第一章の終わり締めくくろうかなと思います。

「そんなん直接収益に関係ないんじゃ?」
と思われる方もいるかもしれません。

ですが、それはノンノンノンちゃんですよ!

 

メルマガなどでのメッセージのやりとりが上手になるということは、

うまくいけば
「普段じゃ考えられないような人とも近づける」
という可能性がグッと高まります。

「読んでくれた人がイイ気持ちになるメール」
送ることができる人って意外と少ないので、
数通メールを書いたりしたら、名前覚えてくれたりするんです。

だからこそ、
今後の皆さんの未来を大きく変える可能性もグッと高まってきてくるというわけですね!

メルマガ第一章、最後の贈り物です(笑)

♦︎—————————————————♦︎
 今後の収益を大きく変える
 「”逆”価値提供」理論
♦︎—————————————————♦︎

まず、「読んでくれた人がイイ気持ちになるメール」
を書くにあたっての基礎基本としては、

・あいさつができる
・適度に改行されている
・「返信不要です」と添える

これですね。
この基本だけは押さえておきたいところです。

もちろん、「そんなん当たり前や!」
という方はいいんですが、

この基礎基本を疎かにしては元も子もなくなっちゃいますので、
ここは注意してみてください。

もちろん、「自分やっちまってた!バカ!」
となる必要も全くなくて、

僕が一番最初に発信者の方に送ってた返信メールなんかは、

「同じ部活の人と仲良くなれたことから、共通する出来事がある人と仲良くなれると思います」(原文そのまま)

こんな感じでした。

これはコミュ障改善みたいな感じのメールへの返信だったんですが、
挨拶なし、改行はそれ以前の問題ですし、
返信不要もへったくれもありませんね(苦笑)

そんな僕でもここまで文章書けるようになりましたから、大丈夫です。

 

それと、よくあるあるなのは、

・「アドバイスください」一文だけ
・「ブログ開設の仕方」など、
検索すればわかる初歩技術的なことの質問

などです。発信している側も、
もちろん使える時間は限られているので、

ちょっと厳しい表現になりますが、
少し配慮の足りていない発信は
その人の時間(と意思力)を奪うことになりかねないわけです。

だからこそ、「読んでよかった!」
と思ってもらうにはどうすればいいか?
失礼はないか?
考えて、確認を怠らないことが大事になってくるんですね。

 

、、とここまでが基礎基本ですが、
要するに成功する人のメールの特徴は
「読み手への気配り」ができるか否か、ということですね!

でも正直、それほど気配りができていれば、
ビジネスでも成功しちゃうものだったりします。

なので、気配りを制するものはビジネスを制す、です!

 

そしてここからが本題で、
さらにプラスαでお伝えしたいのが、

「相手を立てる」(褒める)ということ。

あ、ちょっと誤解しないでいただきたいのは、
すのうを立てろ!!ということではないです(苦笑)

やっぱり発信者の方も人間なので、

いいところを言ってもらえたり、
特に印象に残った点とかを伝えてもらえたりすると
嬉しく感じてしまうもの。

しかもそれは、ビジネスする上で
貴重な「お客様の声」そのものですからね!

ちなみに、こちらに関しても一つ裏技があります。

それは、「具体的にいいと思った点と全体を通して良いと思った点を伝える」
ということです。

これは実際、毎月時自動で何百万円と稼がれている
僕の先生から直接お聞きしたことでもあり、
僕自身も、その後体感したことなんですが、

 

「特にここがよかった!」
というところって一人一人違うので、
発信者としてもそこは気になるところなんです。

それに加えて、全体を通して
「〜から〜って感じに価値観が変わりました!」
みたいな感じに伝えてくれると、
「生々しい声」が聞けるので、すごく助かります。

 

そうやって発信して、みた人の意見聞いて、また改善して..
というプロセスでしか
実際、実力ってつかないので、建前やなんでもなく、
お互いお得なんですね。

これ、「私は初心者だから。。」
とかも関係なくて、むしろ、
初心者の声って貴重だったりします。
(僕もほしいですね!笑)

だから、今あなたがどんな状況であれ、
「”逆”価値提供」できることはあるので、

もし「近づいてみたい!」という方がいたら
ぜひぜひ今日お伝えさせていただいたことを実践してみてください。

以上に書いたことを実践していただければ、
とりあえず60点未満の感想というのは
嫌でも書けなくなってしまいますので、そこはご心配なく!

♦︎—————————————————♦︎
 今日のまとめ
♦︎—————————————————♦︎

それでは、今日のまとめに入ります。

まず、「たとえ情報発信をしている時間が短くても
情報濃度をギュッと凝縮させる、成功者の考え方」

これは「背景を使いこなす」ということ。

「背景を使いこなす」とは、

・「背景」となる生き方そのものをよくしていくこと
・「背景」を前提に知ってもらうこと(プロフィールなどで)
・「背景」も、情報+αで発信していくこと

こんな感じでしたね。

これは、毎度お馴染み
イチローと暇人凡人が言う
「継続が大事だ」という言葉の”背景の重み”は違うよね理論と一緒ということでした。

 

そして最後に、ここまで読んでくれたお礼として
「成功しやすい方のメール返信の共通点」をお伝えさせていただきました。

基礎基本として、

①あいさつができる
②適度に改行されている
③「返信不要です」と添える
④「アドバイスください」だけはなるべくNG
⑤「ブログ開設の仕方」など、
検索すればわかる技術的なことの質問は自分で調べてから

 

ということをお伝えさせていただきました。
(これができれば、失礼になるということはほぼありえません)

加えて”逆”価値提供するために、
「具体的にいいと思った点と全体を通して良いと思った点を伝える」
というのが大事なんでしたね!

 

★今日の宿題

では、今日の宿題です。
今日で第一章の宿題としては最後になります。

なので、今日からの宿題は
「このメルマガ講座を1日1通ずつ見返していく」です!

何度も言っているように、
人って簡単に忘れてしまう生き物です。

だからこそ、知識を復習できるという利点もありますが、
もう一つ、モチベーションの意味でも復習はかなり効果ありです。

何度もお伝えしている通り、
僕が最初に買った教材は、
それだけでもメール50通を3年で7周、
音声は数えきれないほど聞き込んでいました。

 

ネットビジネスやってる人の大半は稼げていない、
という話はよくされていることですが、

それって結局、ノウハウ以前に
「続けられてない」が原因です。

月収100万!1000万!1億!
と聞くと華やかに聞こえてしまいますが、

ここまでお伝えしてきた通り、
その裏にあるのは、
コツコツ地道に積み上げた、強固な「仕組み」なんです。

 

逆に言えば、「仕組み」さえ作れれば
価値提供も自動で絵できるし、
意外と簡単にお金もゲットできるよということ。

めちゃくちゃ現実的な話になっちゃいましたが、
これからも着実に一歩ずつ進んでいきましょう!

それでは、ここまで15通、
お付き合いしていただきありがとうございました。

 

P.S.何もかも終わる雰囲気ですが、
メルマガはまだまだ続きます。笑

定期、不定期かは未定ですが、
僕自身もっと成長していきますので、楽しみに待っていてください!

P.S.2.技術的な質問というのは、
ブログ開設の仕方とか、メルマガの送り方とか、
「調べてすぐわかること」の類なので、

技術的なことに関しても、
あんまり気負いすぎずお気軽にしてみてくださいね〜